山口県立きらら浜自然観察公園は、野鳥などのたくさんの生きものを観察し自然に親しむことができる公園です。 

 

みどころ

12月の見どころ ~オオハクチョウ~NEW

2018年12月01日


オオハクチョウの幼鳥

逆立ち採食中

 淡水池は秋になるとカモがたくさん飛来しますが、今年はそれに加えてオオハクチョウが飛来していて、越冬が期待されています。オオハクチョウは主に北日本に飛来し、山口県では数年に一度程度しか飛来しません。園内でも今年が初記録です。全長が1.5mくらいある白い鳥なので、遠くからでもよく目立ちます。
 餌は水田の落穂や水草などで、この個体は淡水池で水草ばかりを食べています。長いくびを使って、水中深くの水草も食べることができ、逆立ち採食する様子が頻繁に見られますが、オオハクチョウが水草を食べ始めると、おこぼれを目当てにカモとオオバンが周りに集まってきます。この様子はオオハクチョウが飛来した今年ならではの光景ですので、オオハクチョウが採食する様子とともに、集まってくる鳥たちの様子も観察してみましょう。