山口県立きらら浜自然観察公園は、野鳥などのたくさんの生きものを観察し自然に親しむことができる公園です。 

 

みどころ

6月の見どころ ~オオヨシキリ~NEW

2018年05月31日


ヨシのてっぺんでさえずるオス

マツのてっぺんでさえずるオス

餌を運ぶメス

 ヨシ原やその周辺の樹林でオオヨシキリがよく観察できます。オスはヨシのてっぺんや周辺の樹木のてっぺんなど、縄張り内の決まった場所(ソングポスト)にとまって「ギョギョシ ギョギョシ」と特徴的な大声でさえずるため、よく目立ち、初夏の園内には欠かせない鳥です。最近は園内へ飛来する数が増えていて、今年も多くのオスが縄張りを作ってさえずっています。
 オオヨシキリは夏鳥として東南アジアなどから渡ってきて、ヨシ原で繁殖します。繁殖形態は一夫多妻のことが多く、オスはほとんど子育てを行いません。メスはさえずらないので目立ちませんが、よく観察すると、さえずらずに低く飛ぶだけの個体がよく見られますし、巣材や餌を運ぶ様子が観察できることもありますので、さえずるオスだけではなく、メスの様子にも注目してみましょう。