山口県立きらら浜自然観察公園は、野鳥などのたくさんの生きものを観察し自然に親しむことができる公園です。 

 

みどころ

1月の見どころ ~サンカノゴイ~NEW

2018年01月10日


池の縁にいるサンカノゴイ

魚を探す様子

飛んでいる右にもう1羽

 サンカノゴイは全長70cmほどの太くて丸っこい体つきをしたサギの仲間で、環境省の絶滅危惧ⅠB類、山口県の絶滅危惧ⅠA類に指定されている、数の少ない冬鳥としてヨシ原に飛来します。枯れ草色の羽には多数の褐色の縦斑があり、ヨシの茂みに紛れると、見事に周りに溶け込んでしまい、ほとんど見つけることはできません。主に夜に魚を捕食しますが、日中でも水辺でくちばしを水につけて、水中の魚を探る様子が見られることもあります。
 園内の淡水池にはこの冬、最低3羽のサンカノゴイが確認されています。羽の色自体はヨシの保護色になっていますが、池の縁の目立つ場所で休んでいることが多いため、そういう場合には見つけるのは難しくありません。じっと観察していると餌を探す様子や飛ぶ姿が見ることもあるので、じっくりと観察してみましょう。