きらら浜自然観察公園は、野鳥などのたくさんの生きものを観察し自然に親しむことができる公園です。 

 

みどころ

10月の見どころ ~渡ってきたカモ~NEW

2021年10月08日


ヒドリガモ

オナガガモ

ヨシガモ

 秋になると、越冬のためにカモがシベリアなどから渡ってきます。早い種だと8月には渡ってきますが、本格的に渡ってくるのは10月になってからなので、これからはどんどん数が増えてくる時期です。園内では毎年15種くらいのカモが越冬していて、今年はこれまでに10種が確認されています。
 渡ってきたばかりのカモたちは、どの個体も羽の色が茶色で目立ちません。カモのオスは種ごとに違う独特の鮮やかな羽の色が特徴の一つですが、繁殖期はメスと同じような羽の色に換羽し、メスとの違いはもちろん、種ごとの違いもわかりにくくなります。これをエクリプスと言い、10月はまだエクリプスの羽が残っていて、どの個体も地味なのです。これから少しずつ繁殖羽が現れてきて、冬には鮮やかな繁殖羽への換羽が完了するので、だんだん繁殖羽に変化していく様子を観察してみましょう。