きらら浜自然観察公園は、野鳥などのたくさんの生きものを観察し自然に親しむことができる公園です。 

 

観察速報

このページに記載された情報通り観察できるかどうかは状況次第です。
特に鳥類は飛翔能力があるため、撮影後すぐに移動することが考えられます。ご了承願います。

ヨシ原の王者NEW

2019年11月10日

当たり年?


ハイイロチュウヒのメス

逃げろ~

 最近はハイタカとオオタカがよく見られていて、この数年ではトップクラスの出現ぶりです。これは久しぶりに見やすいシーズンになるかもしれないと思っていたら、今日初認のハイイロチュウヒもいきなり至近距離に度々現れ、これも当たり年になるかもしれません。
 この個体はメスなので、オスのように文字通り灰色ではなく、チュウヒと迷うことがありますが、腰がはっきり白いことと(チュウヒも腰が白い個体がいますが、ぼやけ気味で面積が狭い)、風切羽の裏側に縞模様があることで区別できます。今日のバードウォッチング入門の最中に現れたときは、テーマのオオジュリンとツリスガラを盛大に飛ばして、ヨシ原の王者ぶりを示してくれました。これだけ警戒心の弱い個体はそうそういないので、今後定着してくれることを期待しましょう。
 

初認

2019年11月09日

例年通り。


干潟に飛来したズグロカモメ

 カモメ類の数が増えてきて、隣の土路石川河口では秋口からいたウミネコとセグロカモメに加え、11月6日にはズグロカモメ、今日はユリカモメが初認となり、園内では今朝ズグロカモメが初認となりました。初認日はほぼ例年通りです。これからどんどん飛来数が増えてくることでしょう。干潟のヤマトオサガニを好んで捕食しますが、園内には干潮時よりも満潮時のほうが飛来することが多く、観察は満潮時がおすすめです。
 淡水池ではメジロガモのメスが初認となりました。まれな冬鳥ながらここ数年は毎年飛来していて、特に11月に渡り途中と思われる個体が一時的に飛来するケースが多く、今回も短期滞在かもしれません。虹彩が白いオスではないので、見落とさないようにしてください。なお体の茶色が薄く、背中には灰色っぽく見える羽があることから、雑種の可能性もありますが、メスの幼鳥だと判断しました。

メジロガモのメス

 
 
 

日本最小

2019年11月08日

今シーズンは当たり年?


マツの木にいたキクイタダキ

 ジョウビタキやオオジュリン、ツグミに続いてシロハラやアオジが到着し、主な冬鳥は出揃ってきました。来週になると強力な寒気の影響で、早くも真冬の寒さになるそうですから、冬鳥がよく似合うことでしょう。
 冬鳥の中には年によって飛来数の多少が極端な種がいくつか知られていて、珍しい種だったり、例年だと見られないような場所で見られたりすると話題になります。キクイタダキもその一種で、園内でもあちらこちらで見られていて、今シーズンは当たり年ではないでしょうか。全長が10cmほどしかないうえに、スギやマツなど針葉樹の高い場所にいることが多い手強い相手ですが、たまには目の前をちょろちょろすることもありますので、今冬はそのチャンスが増えるかもしれません。小ささと素早い動きに負けずにかわいい姿を探してみてください。
 

ススキの友

2019年11月07日

草に埋もれて。


ナンバンギセルの花

花弁の中は見えません

 秋が深まってきて、生き物たちは冬支度を始める頃です。昆虫は続々と活動を終え、植物も最後の輝きを放っているところですが、そんな中で意外な植物を見つけました。これまで記録されたことがない、ナンバンギセルです。
 ナンバンギセルはススキに寄生してススキの根元に生えるため、分布はススキの分布に左右されます。ススキと言えば山口県では秋吉台、よってナンバンギセルも秋吉台のイメージなのです。日本は高温多湿の気候のため草原が発達しないので、ナンバンギセルの分布もかなり局地的、かつ種が動物に運ばるとは思えず、どこからどうやって来たのでしょうか。花のそばには枯れた花茎も見え、結構前から咲いていたはずなのですが、全く気が付きませんでした。可憐な花ですので、これから園内に広がってくるといいですね。
 

隣国からのお客さん

2019年11月04日

常連化?


大物ゲット

成鳥と若鳥

 クロツラヘラサギが園内に飛来するようになりました。初認の10月10日以降は全く飛来せず、10月はこの1回だけでしたが、11月になったとたん急に飛来するようになり、これで4日連続です。園内が気に入ったのでしょう。
 園内には成鳥と昨年生まれと思われる若鳥の2羽か、どちらかが飛来しています。山口湾で越冬するクロツラヘラサギの常で、満潮時は園外の小島に集まって休み、園内では干潮時しか見られないのでご注意を。今日は2羽が飛来し、ダイサギやカワウとともに魚の群を追いかける様子が見られ、はっきり魚だとわかる大物を捕食していました。これから常連となってくれることを期待しましょう。ちなみに山口湾全体では、10月21日の調査時に12羽確認され、今はもっと増えているはずです。
 

 

(全1115件のうち、1件目から5件目を表示中) 1
2
3
4
5
次へ