山口県立きらら浜自然観察公園は、野鳥などのたくさんの生きものを観察し自然に親しむことができる公園です。 

 

観察速報

このページに記載された情報通り観察できるかどうかは状況次第です。
特に鳥類は飛翔能力があるため、撮影後すぐに移動することが考えられます。ご了承願います。

祭り開幕

2018年12月11日

2羽になりました。


2羽のサンカノゴイ(丸の中)

右の個体

左の個体

 淡水池のサンカノゴイは無事に定着したようです。行動には規則性があるように感じられ、雨の日は丸見えのところによく出てきて、曇りもしくは晴れのときには枝被りの場所にいることが多く、先の週末は後者でした。週末は園路を歩く人が多かったためでしょうか。ちょっとシャイなのかもしれません。
 その個体がヨシ原から移動してきたのか、新たに飛来したのかも話題でした。ヨシ原池で見たときよりも色が濃いから別個体だ、という声があったのですが、様々な条件が違うため、単に比較してもわかりません。淡水池とヨシ原で2羽同時に出たらはっきりするのに、と思っていたら、淡水池に2羽出ました。これはどっちがどっち?とにかく1羽増えたのは確かで、今年も2羽の祭り開幕です。もう少しサービスが良くなればいいですね。
 

ボサボサの潜水士NEW

2018年12月11日

群で定着?


ウミアイサの群

 園内でカモが多いのは淡水池とヨシ原池で、干潟と汽水池ではあまり見ることができませんが、淡水域では見られない種が飛来します。代表がウミアイサで、名前の通り海水の干潟や汽水池以外にはほとんど飛来しません。
 そのウミアイサが5~6羽の小群で飛来しています。たいてい1羽のオスと数羽のメスですが、その中につがいの組み合わせはなさそうで、しかも毎年同じような群が飛来するのが不思議です。オスは繁殖羽への換羽が終わっていて、そろそろメスへの求愛ディスプレーが始まるかもしれません。
 もう一つの見どころは狩りの様子です。単独ではカニを捕食することが多いのですが、群になると小魚の追い込み漁をすることがあり、サギも参戦して大騒ぎになります。このようにウミアイサは姿も行動も見どころがたくさんありますので、淡水池ばかりでなく、こちらにも注目してみてください。
 

おしいパンダ

2018年12月09日

もう一息!


ミコアイサのペア?

 今日は月一回のバードウォッチング入門がありました。昨日からの寒波が残り、非常に寒い中での開催となりましたが、参加してくださったみなさまには本当に感謝です。ありがとうございました。
 そしてテーマのカモに合わせて、パンダのミコアイサが飛来してくれました。まだ完全な繁殖羽ではなく、部分的にやや褐色みが残る状態ですが、これならパンダと言っても差支えないでしょう。はっきりオスだとわかるのは、今季初めての飛来で、メスと一緒に行動することもあったので、ペアかもしれません。この様子なら年内には完全なパンダになると思います。
 またトモエガモが隣の調整池に50羽以上いるのが確認されました。やはり寒波に乗ってきたようです。園内、特に淡水池に飛来してくれるでしょうか。今後に期待しましょう。
 

冬の虫

2018年12月08日

まだ活動中。


チョウセンカマキリのメス

 今日は予報通り凍える寒さで、北の方角には雪雲らしき雲がかかっていたので、場所によっては初雪だったようです(きらら浜は降りませんでした)。これだけ寒くなると、変温動物は活動を止めてしまうはずなのに、まだチョウセンカマキリが生き残っていました。この個体は三日前から同じ場所にいて、悪天候と寒さで動けなくなってしまったようですが、それでも今日は風下で日光を浴びて復活!真冬の寒さの中で動くカマキリというのは、気持ち悪いくらい違和感があります。
 ところでこの写真は不思議な感じがしませんか?実はカマキリがいるのは観察ホールの窓ガラスで、背景の室内と、後ろの汽水池の写り込みがいい具合に混じって、不思議な写真になりました。午後には見えなくなったので、どこかに行ったのでしょう。恐るべき生命力ですね。
 

赤いくちばし

2018年12月07日

珍しい!


ユリカモメの群

幼鳥(左端)と成鳥冬羽

ズグロカモメとの並び

 今日は昨日までとは打って変わって、予報通り寒くなり、おまけに北風が強くなり、大荒れの雰囲気です。明日からは雪が降るかもしれませんね。雪じゃなくて何か鳥が飛ばされて来たらいいのですが、どうなるでしょうか。
 この風の影響で避難してきたのか、干潟にはカモメがたくさん!最近園内への飛来数が減っているズグロカモメばかりかと思ったら、くちばしの色が赤いユリカモメが50羽以上混じっていました。ユリカモメは港内などに群れていることが多く、個体数はズグロカモメより圧倒的に多いのですが、なぜか園内に飛来することは少なく、これだけ飛来するのは久しぶりです。成鳥と幼鳥の違いや、よく似ているズグロカモメとの違いもよくわかりました。ズグロカモメとは、決定的なくちばしの色以外にも、体の大きさもかなり違うので、同じ場所に混じっている場合には、これらのポイントに注目してみてください。
 

 

(全907件のうち、1件目から5件目を表示中) 1
2
3
4
5
次へ