きらら浜自然観察公園は、野鳥などのたくさんの生きものを観察し自然に親しむことができる公園です。 

 

観察速報

さえずり

2021年01月30日

つぶやくような声。


木の天辺でさえずるモズのオス
 ここ最近になってモズのオス個体が出現するようになり、本日はさえずりも確認されました。まだまだ寒い時期は続きますが、日長時間は長くなり、鳥たちも春が近づいていることを感じているようです。秋に聞くことができるモズの高鳴きはよく目立つのに対し、さえずりは集中しないとよくわからず、聞き逃しがちになります。メジロやウグイスなど、他の鳥のさえずりを真似することで知られていますが、基本的にはゴニョゴニョとつぶやくような声で鳴くのが特徴です。
 さて、越冬期のモズといえば捕らえた獲物を枝先に突き刺しておく「はやにえ」が有名ですが、この冬はまだ園内ではやにえが確認できていません。そもそも秋頃によく確認されていた個体が12月に入ってから全く観察できなくなり、はやにえがよく見られる12月から1月にモズが不在となっていました。過去の記録を見れば、2月に入ると確認されるはやにえの数は減少しますが、カエルやエビといった水辺の生き物のはやにえが多い傾向にあります。今シーズンの記録がゼロに終わらないように、ようやく飛来してきたモズの行動に注目していきましょう。(寺本)