きらら浜自然観察公園は、野鳥などのたくさんの生きものを観察し自然に親しむことができる公園です。 

 

生きもの図鑑「トンボ図鑑」

エゾトンボ科

トラフトンボ Epitheca marginata 

観察できる時期は4月下旬~6月下旬。大きさは55mm以下。
春~初夏に見られるトンボです。メスは交尾をすると腹端に卵塊を作り、それを水面に打水して産卵します。5月の上旬には、ヨシ原のクリークや淡水池などで縄張り飛翔するオスが見られ、近年増加傾向にあります。成熟すると、とまっているところを見る機会はほとんどありません。
トラフトンボ♂

タカネトンボ Somatochlora uchidai 

観察できる時期は6月上旬~10月下旬。大きさは60mm前後。
オス、メスともに全身が金属光沢のある緑色の美しいトンボです。成熟度による体色の変化はほとんどありません。樹木で囲まれた池を好み、公園では飛来個体と思われるメス個体が1度確認されました。
タカネトンボ♀

オオヤマトンボ Somatochlora uchidai 

観察できる時期は5月下旬~10月上旬。大きさは85mm前後。
オニヤンマのような黄色の筋模様がある大型のトンボです。胸部はエゾトンボ科の特徴である緑色をしています。解放水面の多い開けた池を好み、公園では淡水池やヨシ原池で見られます。オスは日中に水面上を縄張り飛翔します。個体数は少なく、近年減少傾向にあります。
オオヤマトンボ交尾