きらら浜自然観察公園は、野鳥などのたくさんの生きものを観察し自然に親しむことができる公園です。 

 

生きもの図鑑「トンボ図鑑」

サナエトンボ科

コオニヤンマ Sieboldius albardae 

観察できる時期は6月上旬~9月中旬。大きさは85mm前後。
オニヤンマより少し小さく、オニヤンマと同じような模様をしているため、この和名が付いていますが、サナエトンボの仲間です。胸部が大きいため、頭部が小さく見えます。本来の生息域は川の上流部であるため、公園には飛来個体が確認されたものと思われ、過去に1度記録があります。
コオニヤンマ♂

ウチワヤンマ Sinictinogomphus clavatus 

観察できる時期は6月上旬~9月下旬。大きさは80mm前後。
腹端にウチワ状の広がりがあるのが最大の特徴です。タイワンウチワヤンマとよく似ていますが、やや大きくて体色に黄色の割合が多く、ウチワ部分に黄色部があります。主に淡水池で見られ、個体数は多くありません。
ウチワヤンマ♂

タイワンウチワヤンマ Ictinogomphus pertinax 

観察できる時期は7月上旬~9月下旬。大きさは75mm以下。
かつては名前の通り南方系のトンボでしたが、近年では分布が北上し、静岡県でも確認されています。ウチワヤンマよりやや小型で、ウチワ部分は真っ黒です。個体数は多く、真夏には主に淡水池の目立つ場所で縄張りを張っている姿がよく見られます。
タイワンウチワヤンマ♂