山口県立きらら浜自然観察公園は、野鳥などのたくさんの生きものを観察し自然に親しむことができる公園です。 

 

観察速報

凍結

2018年01月13日

今朝は寒かった!


岸辺が凍結した淡水池

西側クリークは全面凍結

外の水道はストップ

 今朝はまだ寒波の余波が残り、おまけに晴れたために放射冷却でかなり冷え込みました。普段でも凍結することが多いクリークは当然のこと、淡水池も一部凍結していてびっくり!淡水池は面積がそれなりにあるため、凍結することはほとんどありません。それだけ冷え込みが強かったということですね。お約束?の水道管(水替え用の水道管)も凍結し、ホースから氷が垂れ下がっていました。
 さて、明日はバードウォッチング入門です。1月のテーマは縁起を担ぐ意味もあり、毎年猛禽類(タカ)で、参加者の多い人気のテーマとなっています。冬は猛禽類を見る機会が増える観察の好機であり、運が良ければ園内で見られる主な種が観察できるかもしれません。天気も良いとのことですので、ぜひお越しください。時間は10:00からです。なお、明日は山口市駅伝大会がきらら浜で開催されるため、公園周辺で一部通行制限が行われ、公園へは道の駅より一つ北側の交差点からしか進入できませんので、ご注意ください。