山口県立きらら浜自然観察公園は、野鳥などのたくさんの生きものを観察し自然に親しむことができる公園です。 

 

観察速報

メスもどき?

2017年11月14日

たぶんオス。


ミコアイサのオスエクリプス?

 淡水池のカモは、一時は千羽近くいたコガモが数羽になり、ヒドリガモも数十羽に減り、寝ている数百羽のホシハジロばかりが目立つようになりました。ただ水草が少なくなるとヒドリガモが少なくなるのは毎年のことですし、コガモも毎年飛来してしばらくすると淡水池から消えてしまいます。おまけに最近は種数もほとんど変化なしで、見どころの乏しい状況が続いていましたが、ミコアイサという変化球?が飛来しました。ミコアイサはカモの中でも飛来が遅く、他のカモが落ち着く今の時期にようやく渡ってきます。初認は一昨日でした。
 この個体は一見するとメスですが、眼の周りがはっきりと黒く、茶髪に白髪らしいのが混じっているように見えるので、オスだと考えています。ミコアイサはオスのエクリプスとメスが非常に似ていて、確実に判断できるポイントがありません。繁殖羽への換羽も遅く、今の時期はオスなのかメスなのかよくわからない個体が多いので、このまま滞在して正体を現してほしいですね。